旅するはがき通信

「旅するはがき」では、手軽に書けるお礼状はがき 「39card(サンキューカード」の制作と販売を行っております。 プライベートでもビジネスシーンでも、 旅するはがきの39cardはお礼状を贈りたいすべての方を応援します。

年賀はがきは52円です

f:id:tabihaga:20171031154716j:plain

 

こんにちは、旅するはがきです。

今年も残りわずかとなりました。
ちょっと気が早いですかね、でも11月になるとバタバタ感が
一気に加速してあっという間に12月。
「年賀状用意しなくちゃー」となるのももう間もなくです。

今日は11月1日より発売が開始される年賀状についてのお話です。

 

年賀はがきも62円になるの??

2017年の郵便料金の一部改正に伴い
はがきの料金が52円から62円へ値上げとなりました。
そうなると、年賀はがきもはがきなので62円?と思われがちですが
年賀はがきの料金は改正前と同じく52円です。

*料金改定の記事はこちらです。

tabihaga.hatenablog.com

 

私製年賀はがきも52円

お年玉つきの年賀はがきだけではなく、
私製年賀はがきも同じく52円で送ることができます。
はがき代が値上げになり、大量に余っている52円切手の出番が
やって参りました!
52円切手、まだまだ活躍できます。
私も52円切手を使って、私製年賀はがきで出そうと考えてます。

 

そして私製年賀はがきで出す人はもうひとつ忘れてはなりません。
切手を貼るスペースの下に必ず「年賀」の文字を朱記してくださいね。
朱記=赤字ではっきりと分かりやすく書いたり印刷してあればOKです。
この「年賀」の文字がないと62円の普通のはがき扱いになってしまうので
気をつけてください。

年賀状を出せる期間

これは52円で年賀状を送れる期間についてです。
年賀状の受付日は毎年決まっているけど、
出す期間についてはあまりアナウンスはなかったように思います。

 

今年からは年賀状を使える期間を意識するようにしてくださいね。
2018年の年賀状は
2017年12月15日から2018年1月7日までの間は
52円で送ることができます。
年賀状を出す人は必ず覚えておきましょう。

なお、年賀状を1月8日以降に送る人は62円の郵便代が必要になります。
お年玉つきの年賀はがきの場合には10円分の切手を貼れば使うことは可能です。
また、私製年賀はがきを1月8日以降に出す場合にも、
62円の切手代が必要になります。

年賀状の枚数が多い方は早めに準備しておいた方がよさそうですね!

 

まとめ

いかがでしたか。
バタバタな年末にどうして年賀状の準備まで〜
と思うのですが、そういうバタバタ感も含めて年末なんでしょうね。
年賀状を書く人の中には「面倒くさーい」と思いながらも
やっぱり毎年出すという方も多いのではないでしょうか。
お正月にポストを開けるワクワク感をこれからも多くの人に
感じてもらいたいな、というのは私の小さく大きな野望です。
では。

喪中はがきの印刷

こんにちは、旅するはがきです。
早いものでもう今年も残り3ヶ月を切りましたね。

 

そろそろ年賀状のことも気になりますが、
今日は喪中はがきについてのお話です。

喪中はがきは喪中の方が年賀状を辞退しますよ、とお伝えするはがきです。
文面にどなたが亡くなっかのかを記すことにより、訃報の役割も担います。
年賀欠礼はがき、なんていう言い方もします。

 

ご自分で自宅のプリンターで印刷するという方は
まだ時間的にゆとりがありますが、
枚数が多い方(30枚くらいが目安にです)や
自宅印刷ができない方は印刷会社へ申し込むことになるかと思います。

印刷会社へ依頼する方は実は今がお得なのです。
内容が内容なのでどこの印刷会社も「安いですよ〜」とは宣伝しづらいのですが、
喪中はがきを10月に申し込むととても割安で印刷することができます。

試しにGoogle先生に聞いてみました。
スクショ貼りますね。

f:id:tabihaga:20171004100931p:plain

驚異の70%オフなんていう見出しもあります。

 

印刷会社にとっては年賀状の時期って修羅場なんですね。
あ、私は元印刷会社勤務です。
大体7月の終わり頃から「もうすぐ年賀始まるね〜」なんていう
季節外れの会話が繰り広げられます。
年賀の繁忙を少しでも分散させるために「早割」を導入している
印刷会社は多いです。
早め早めにお申し込みいただくことは印刷会社にとっては
繁忙を分散させたり、納期を十分に確保できるなど
とーーってもありがたいことなのです。

喪中はがきを出す予定の方はぜひ参考にしてみてください。

 

そして、喪中はがきを出す時期については
11月の下旬から年賀状の投函の受付が開始となる12月15日までに
届くように出すのが良いでしょう。
年賀状の投函が始まってからは喪中はがきを出すのは控えましょう。
年明けに寒中お見舞いや年賀状に対するお礼状、という形で
お出しするのがよいかと思います。
では。

2017年秋に発売される62円切手

こんにちは、旅するはがきです。

はがきを出す時に必ず必要な切手、近年では
様々な種類の切手が販売されており、
はがきの絵柄に合わせて切手を選んだりするのも
お便りを出すときの大きな楽しみとなりました。

今日はこの秋に発売される62円切手の中からおススメの
切手を何点か紹介したいと思います。

 

1. 秋のグリーティング

f:id:tabihaga:20170917134904p:plain

この切手は2017年8月23日に発売が開始され、現在も販売中です。
焼き芋や栗、落ち葉を掃いている女の子の切手は色づかいがいいですね。
そして森の中のポストも風情があり、とても使いやすそうです。
秋のお便りにはピッタリです。

 

2. 伝統色シリーズ 第1集

f:id:tabihaga:20170917135326p:plain

この切手は2017年9月20日(水)発売予定。
撫子(なでしこ)や群青(ぐんじょう)、茜(あかね)など、日本の伝統色を
テーマにした10種類の切手を楽しめます。
背景の七宝柄と左側にある七宝型の色見本もオシャレで、シート全体を
楽しむことができます。
第1集ということは、今後継続しそうなシリーズですね。

 

3. 森の贈り物シリーズ 第1集

f:id:tabihaga:20170917141035p:plain

2017年11月8日(水)発売予定です。
抑え気味な色合いで落ち着きがあり、男女問わず使えそうな切手です。
右下のQRコードが家に納まっているあたり、隅々まで
森の世界感が表現されていて、このまま額に入れて飾っておきたい程に
ステキなフレーム切手です。
でも、使いますけどね。

4. グリーティング(ライフ・花)

f:id:tabihaga:20170917142014p:plain

2017年10月20日(金)発売予定。
鮮やかなつまみ細工の花が目を引く、華やかさのある切手です。
普段づかいにもいいけれど、お目出度いお便りにも
使えそうですね。

5. 身近な動物シリーズ 第4集

f:id:tabihaga:20170917142641p:plain

2017年10月11日(水)発売予定。
今回のシリーズでは中型犬、大型犬をモチーフにしています。
これは動物が好きな方へのお便りに使いたい切手。
特に犬を飼っている方であれば喜ばれるかと思います。

 

まとめ

今回は5種類の62円切手を紹介しましたが、この他にも82円切手や
海外グリーティング用や2018年の年賀切手など、
多くの切手がこの秋には発売されます。

せっかくこんなに素敵な切手がたくさんあるので
普通切手ではなく、今回ご紹介したような特殊切手を
貼って秋のお便りを送ってみてください。
では。