旅するはがき通信

「旅するはがき」では、手軽に書けるお礼状はがき 「39card(サンキューカード」の制作と販売を行っております。 プライベートでもビジネスシーンでも、 旅するはがきの39cardはお礼状を贈りたいすべての方を応援します。

2017年秋に発売される62円切手

こんにちは、旅するはがきです。

はがきを出す時に必ず必要な切手、近年では
様々な種類の切手が販売されており、
はがきの絵柄に合わせて切手を選んだりするのも
お便りを出すときの大きな楽しみとなりました。

今日はこの秋に発売される62円切手の中からおススメの
切手を何点か紹介したいと思います。

 

1. 秋のグリーティング

f:id:tabihaga:20170917134904p:plain

この切手は2017年8月23日に発売が開始され、現在も販売中です。
焼き芋や栗、落ち葉を掃いている女の子の切手は色づかいがいいですね。
そして森の中のポストも風情があり、とても使いやすそうです。
秋のお便りにはピッタリです。

 

2. 伝統色シリーズ 第1集

f:id:tabihaga:20170917135326p:plain

この切手は2017年9月20日(水)発売予定。
撫子(なでしこ)や群青(ぐんじょう)、茜(あかね)など、日本の伝統色を
テーマにした10種類の切手を楽しめます。
背景の七宝柄と左側にある七宝型の色見本もオシャレで、シート全体を
楽しむことができます。
第1集ということは、今後継続しそうなシリーズですね。

 

3. 森の贈り物シリーズ 第1集

f:id:tabihaga:20170917141035p:plain

2017年11月8日(水)発売予定です。
抑え気味な色合いで落ち着きがあり、男女問わず使えそうな切手です。
右下のQRコードが家に納まっているあたり、隅々まで
森の世界感が表現されていて、このまま額に入れて飾っておきたい程に
ステキなフレーム切手です。
でも、使いますけどね。

4. グリーティング(ライフ・花)

f:id:tabihaga:20170917142014p:plain

2017年10月20日(金)発売予定。
鮮やかなつまみ細工の花が目を引く、華やかさのある切手です。
普段づかいにもいいけれど、お目出度いお便りにも
使えそうですね。

5. 身近な動物シリーズ 第4集

f:id:tabihaga:20170917142641p:plain

2017年10月11日(水)発売予定。
今回のシリーズでは中型犬、大型犬をモチーフにしています。
これは動物が好きな方へのお便りに使いたい切手。
特に犬を飼っている方であれば喜ばれるかと思います。

 

まとめ

今回は5種類の62円切手を紹介しましたが、この他にも82円切手や
海外グリーティング用や2018年の年賀切手など、
多くの切手がこの秋には発売されます。

せっかくこんなに素敵な切手がたくさんあるので
普通切手ではなく、今回ご紹介したような特殊切手を
貼って秋のお便りを送ってみてください。
では。

 

アプリ購入限定!10%OFFクーポンをプレゼント!【9月3日(日)まで】

 

f:id:tabihaga:20170828182738p:plain

こんにちは、旅するはがきです。

旅するはがきも登録しているショッピングサイト「BASE」で
キャンペーンやってます。

BASEアプリの300万ダウンロード突破を記念して、10%OFFクーポンをプレゼント♪

 

クーポンのご利用は9月3日(日)まで!
商品購入画面でこちらのコードを入力してください《base300ajo》

旅するはがきのおまとめ買い専用サイトを

BASEのアプリからお買い物いただいた場合に適用される
キャンペーンとなります。

おまとめ買い専用サイトではすべてが39枚セットで3,900円(税別)。
お礼状を多めに出す機会のある方はこの機会にぜひご利用ください。
では。

 


アプリのダウンロードがまだの方はこちらから

手書きのお礼状って何がいいの?

 

f:id:tabihaga:20170825181355j:plain

 

こんにちは、旅するはがきです。

 

お礼状はがきを出したいけれど、なかなか踏み出せないと
悩んでいる方からよく聞くお悩み、何だと思いますか?

それは
「字が下手だから出したくない」。

こんな風に言う方がたくさんいます。
結論から言うとお礼状を出すのに上手い下手は関係ないんです。
もちろん丁寧に書くということには気を配らなければいけないけれど
一番大切なのは、手書きで書いているかという事なんです。

 

せっかく心を込めて書いたお礼状、
宛名を印刷やシールで済ませてませんか?
印刷された挨拶文のみで送ってしまってないですか?

このようなお礼状が届いたとき、正直嬉しいでしょうか。
相手の感謝の気持ちが伝わるのでしょうか。

ワタシはそうは思いません。

宛名を印刷で済ませていてもどこか一ケ所にでも直筆があると
送り主の人となりを思い出したり、その人柄までもが漂ってきて
大切に残しておきたい気持ちが湧いてきます。

手元に残したくなる=相手を忘れない

 

お礼状はがきはSNSやメールに比べれば、届くのに時間も手間もかかるのに
どうして手書きだと温もりを感じたり、大切にしたくなるのでしょうか。
これは手料理やバレンタインの手づくりチョコと
同じ感覚なのではないかと思います。

バレンタインのシーズンになると、海外の高級なチョコや
お手頃だけどステキなパッケージに入っているチョコなど
様々な種類のチョコが店頭に並びます。
その一方で、手づくりのチョコをプレゼントしたいという人も大勢います。

でもその理由って上手く説明できませんよね。

人の手がかかっているもの、気持ちがこもっているものというのが
喜ばれるのに理由はないのだと思うのです。

お礼状も同じなのです。
きちんと感謝を込めて丁寧に書かれたお礼状は
必ず相手に伝わるものです。
字が下手だから出したくない、と考えている方は
下記のことなど参考にしてみてください。

 

  • 宛名は必ず手書きで書くべし
  • 差出人は印刷でもゴム印でもOK
  • 定型の挨拶文はこの際印刷でもOK
  • 挨拶文を印刷した場合には必ず手書きのメッセージを添える
  • 手書きを少しにするために余白の少ないはがきを選ぶ

 

この5つを参考に、印刷部分と手書き部分を両立して
心のこもったお礼状にチャレンジしてみてくださいね。
では。