読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するはがき通信

手軽にお礼状が書けるはがき「39card」のブログです。新しいお礼状の書き方をお伝えします。お礼状のお悩み解決いたします。

あなたがお礼状を出さない3つの理由

お礼状 文字 切手 スタンプ プリンター

f:id:tabihaga:20170216002306j:plain

お礼状。

仕事でもプライベートでも出した方がいいとは

分かっていながらもなかなか筆が進まない、

お礼状を書くスタート地点に立てない。

そんな話をよく聞きます。

これを読んだらお礼状はがきを書くハードルぐっと下がるかも!?

 

1、字が汚いからイヤだ

はい!よく聞きます。よーーく聞きます。

手書きで文字を書く機会が少なくなったこのご時世です。

久しぶりに自分の字を見て「うおー下手くそだなー」と

感じるのはあなただけではありません。

極力直筆の部分を減らすことを考えましょう。

 

・差出人を印刷しておくか、ゴム印を用意する。

 インクジェットのプリンターでも構いません、大歓迎です。

 実はインクジェットのプリンターの方がレーザーのプリンターより

 印刷できる紙の種類が豊富だったりします。

 ゴム印の場合、使用するスタンプ台はシャチハタ一択です。

 インクの乾きも早く、押したときの印影もクリアで美しい仕上がり。

 そうすると宛名面は宛先を書くだけでおしまいです。

 

・絵柄面はなるべく余白の狭いものを選ぶ

 余白のスペースは2、3行分あれば十分です。

 「拝啓」「〇〇の候〜」というアレもなしで行きましょう。

 当然ですが余白を埋めるためにばかでかい字で書くのはNGです。

 

宛先と2、3行のメッセージ。これでOKです。

上手く書こうと思わずに自分のMAX丁寧に書くことを考えましょう。

 

2、切手ってどこで買うか分かんないし

これも時々聞かれます。

手紙を出す機会のない人は分からない方いると思います。

一番身近だとコンビニで買えます。

ただし、コンビニで買えるのは超ノーマルなタイプの切手なので

切手にこだわりたい派のあなたには郵便局で記念切手を買ってみましょう。

 

3、面倒くさい

元も子もありません。

面倒くさいだけで出さないのはあまりにも勿体ないわよー。

お客様へお礼状はがきを出すようになってから売上が1桁変わった、

なんていうご報告もいただいてます。

プライベートでも1ヶ月に何十通と出す方もいます。

面倒だと思わずにお礼状を書くためのコツは事前の準備です。

 

・季節に合った絵柄のはがきを常に手元に用意しておく

 相手の好みや趣味に合ったものを送ると喜ばれますが

 相手の趣味が分からない時は季節の絵柄を使いましょう。

 ポエムとか名言的なものは失礼になる場合もあるので

 相手を選んで使うようにしましょう。

 

・はがきと切手を持ち歩く

 「後で出す」だと、はがきを書くタイミングをどんどん逃します。

 はがきと切手を手帳にはさんでおけば、相手の名刺を見ながらささっと

 書いたりできるんです。

 何だかスマートじゃないですかー!

 

まとめ

お礼状へのハードル、少し下がりましたか?

ちょっとお礼状を書いてみようかな、と思ったら

まずは家族や親しい友人宛に練習を兼ねて送ってみましょう。

汚いと思っていた字も書き慣れればいい字になっていきますよ。