読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するはがき通信

手軽にお礼状が書けるはがき「39card」のブログです。新しいお礼状の書き方をお伝えします。お礼状のお悩み解決いたします。

失礼なお礼状について考える

f:id:tabihaga:20170220230418j:plain

 

こんにちは。

最近ほうれん草がやたらと美味しく感じるタビハガです。

鉄分不足でしょうか・・・。

今日はどんなお礼状が失礼に値するのか考えてみようと思います。

 

お礼状を書くときにまずすること

お礼状を書くことになった。

あなたが普段手紙を書く習慣がない場合にはまず何をしますか?

失礼がないように変なお礼状にならないように

多分、google先生に聞くかと思います。

「お礼状 書き方」で検索するのではないでしょうか。

そうするとビビるようなことが書いてありませんでしたか?

あの検索結果を読むと多くの人は面倒くさいと感じるのではないでしょうか。

「お礼状は封書で出すべきだ、封書じゃないと失礼だ!ぷんぷん」

「書き始めには「拝啓」、時候の挨拶は入れて~」

と解説されている訳ですよ。

ひー、この時点でお礼状面倒ですね。

書く前から失礼とか言われたら何だかすいません、

みたいな気分になってきますね。

 

相手とあなたの関係を考える

お礼状を書きたい相手はどんな関係の人ですか?

なにも目上の人や仕事関係の人とは限りません。

確かに形式的なお礼状を書く必要がある場合もあります。

その反対にもっとフランクに手軽に気さくに

書いてもOKな場合の方が多くないですか??

例えば私が親しい友人に

「拝啓 陽春の候益々ご清祥のこととお慶び申し上げます」

とか書いちゃったとしたら

友人はポカーーンとなるでしょう。

極端な例だけどそうゆうことです、慇懃無礼にもなりかねません。

お礼状もTPOに応じて書き方を変える必要があるのです。

 

失礼なお礼状って?

失礼なお礼状、そもそもそんなものが存在するのでしょうか。

お礼状を出しているのに「失礼だな〜」ってどんなケースなんでしょうか。

これには2個思い当たる節があります。

慇懃無礼すぎる

 これは何でかな、と考えてみると

自分の言葉ではないからなんです。

恐らく例文をそのままパクった、拝借したからではないでしょうか。

失礼というよりも感謝の言葉が響いてこないのだと思います。

もったいないーーーー。

例文を使ってもせめてワンフレーズは自分の言葉を使ってください。

これだけでも全体の印象が変わります。

手書きにしておけばいいだろう

これ、ワタシが個人的に苦手なんですけど

手書きで書いた文章をコピーして使いまわすパターン。

「手書きならコピーでもいいだろう」っていう考えがどうも苦手。

罫線までかすれたコピーなんていうのも見かけます。

これなら本文を印刷して署名だけ直筆とか

一筆直筆で書いてある方がよっぽどいいと思うわー。

 

封書VSはがき

仕事柄と手紙好きなのでお礼状もよく書くのだけど

封書で出す必要性を感じるようなお礼状はオリンピック程度の頻度です。

それ以外ははがきで出してるけど、

「失礼だ」と言われたことは一度もありません。

要するに形式ではなく中身なんです。

自分の言葉で書く、

季節に合わせたはがきを選ぶ、

相手の趣味に合った、好きそうなはがき、

何度はがきが届いても相手が飽きないような工夫。

感謝の気持ちと、ちょっとだけ気の効いたはがき選び、

これでOKです。

 

封書だろうがはがきだろうがどちらでもいいんです。

まずは相手に「ありがとう」を伝えたいという

自分の気持ちを大切にしてください。

お礼状を書くことを楽しんでください。

とっても喜ばれる贈り物になりますよ。