読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するはがき通信

手軽にお礼状が書けるはがき「39card」のブログです。新しいお礼状の書き方をお伝えします。お礼状のお悩み解決いたします。

お礼状を色で選んで送ってみよう

こんにちは。旅するはがきです。

以前「お礼状をシリーズ化して送ると続けやすいよ」

という記事を書きました。

 

tabihaga.hatenablog.com

 

今回は色でシリーズ化してみてはいかがですか?

というお話です。

 

イメージに合った色を選ぶ

f:id:tabihaga:20170427183037j:plain

 

”色ではがきを選ぶ”

例えばこんな風にグリーンのモチーフの絵柄を選んで送るのです。

この時に選ぶ色は自身のイメージカラー、

法人であれば自社のコーポレートカラーでもいいですね。

これを何度か送ると受け取った人に「緑のはがきの人だ」という

しっかりとした印象を残すことができます。

同じく先方のイメージカラーに合わせて色を選ぶのもいいかと思います。

そのように、自分が使うお礼状のテーマカラーを決めておくと

これまで時間がかかっていたはがき選びも楽になるというメリットもあります。

 

色の持つ意味で選ぶ

色にはそれぞれの意味があります。

 

グリーン・・・癒し、安らぎ

青・・・鎮静、爽やかさ

赤・・・エネルギッシュ、情熱

ピンク・・・恋愛、幸せ

 

このようなイメージを思い浮かべたり、相手の性別によって

選ぶというのも選択肢のひとつになります。

 

f:id:tabihaga:20170427184848j:plain

 

ちなみに黄色のイメージは「希望、無邪気さ」という意味があるそうです。

このような意味を知っておくと次回先方に会ったときに話も弾みますね!

 

送り続けるための工夫

お礼状で印象を残したい、という方は特にビジネスシーンでは多いかと思います。

一枚きりのお礼状ではなかなか印象が残せないというのが正直なところですが、

来店してくださいったお客様や取引先へ、

最低でも3回は出すようにしてください。

ふんばりどころです。

そのためにはお礼状を常に手元に置いておく、

お気に入りの筆記用具を見つけるなど

気分良く書き続けられるような工夫をしてください。

そのための方法として今回は「色で選ぶ」ということを

ご提案させていただきました。

送るはがきに困ったときに試してみてくださいね。では。

 

 

 

※グリーン、ピンク、赤、青、黄色、黒の6色をご用意しています↓↓↓

minne.com