旅するはがき通信

「旅するはがき」では、手軽に書けるお礼状はがき 「39card(サンキューカード」の制作と販売を行っております。 プライベートでもビジネスシーンでも、 旅するはがきの39cardはお礼状を贈りたいすべての方を応援します。

年賀はがきは52円です

f:id:tabihaga:20171031154716j:plain

 

こんにちは、旅するはがきです。

今年も残りわずかとなりました。
ちょっと気が早いですかね、でも11月になるとバタバタ感が
一気に加速してあっという間に12月。
「年賀状用意しなくちゃー」となるのももう間もなくです。

今日は11月1日より発売が開始される年賀状についてのお話です。

 

年賀はがきも62円になるの??

2017年の郵便料金の一部改正に伴い
はがきの料金が52円から62円へ値上げとなりました。
そうなると、年賀はがきもはがきなので62円?と思われがちですが
年賀はがきの料金は改正前と同じく52円です。

*料金改定の記事はこちらです。

tabihaga.hatenablog.com

 

私製年賀はがきも52円

お年玉つきの年賀はがきだけではなく、
私製年賀はがきも同じく52円で送ることができます。
はがき代が値上げになり、大量に余っている52円切手の出番が
やって参りました!
52円切手、まだまだ活躍できます。
私も52円切手を使って、私製年賀はがきで出そうと考えてます。

 

そして私製年賀はがきで出す人はもうひとつ忘れてはなりません。
切手を貼るスペースの下に必ず「年賀」の文字を朱記してくださいね。
朱記=赤字ではっきりと分かりやすく書いたり印刷してあればOKです。
この「年賀」の文字がないと62円の普通のはがき扱いになってしまうので
気をつけてください。

年賀状を出せる期間

これは52円で年賀状を送れる期間についてです。
年賀状の受付日は毎年決まっているけど、
出す期間についてはあまりアナウンスはなかったように思います。

 

今年からは年賀状を使える期間を意識するようにしてくださいね。
2018年の年賀状は
2017年12月15日から2018年1月7日までの間は
52円で送ることができます。
年賀状を出す人は必ず覚えておきましょう。

なお、年賀状を1月8日以降に送る人は62円の郵便代が必要になります。
お年玉つきの年賀はがきの場合には10円分の切手を貼れば使うことは可能です。
また、私製年賀はがきを1月8日以降に出す場合にも、
62円の切手代が必要になります。

年賀状の枚数が多い方は早めに準備しておいた方がよさそうですね!

 

まとめ

いかがでしたか。
バタバタな年末にどうして年賀状の準備まで〜
と思うのですが、そういうバタバタ感も含めて年末なんでしょうね。
年賀状を書く人の中には「面倒くさーい」と思いながらも
やっぱり毎年出すという方も多いのではないでしょうか。
お正月にポストを開けるワクワク感をこれからも多くの人に
感じてもらいたいな、というのは私の小さく大きな野望です。
では。