旅するはがき通信

「旅するはがき」では、手軽に書けるお礼状はがき 「39card(サンキューカード」の制作と販売を行っております。 プライベートでもビジネスシーンでも、 旅するはがきの39cardはお礼状を贈りたいすべての方を応援します。

年賀状、寒中見舞い・・いつ出すのがいいの?

f:id:tabihaga:20171202180213j:plain

 

こんにちは、旅するはがきです。

毎年「今年こそは年賀状早く出すぞ!」という
今まで守れたためしのない目標を掲げるのですが、
今年はすでにアイディアが降りてきているので
あとは作って入稿すればいいだけなんです。
と余裕で構えているけれど、結局後回しになってりまい、
12月に突入してしまいました。

今日は「冬のお便り」を出すタイミングについてのお話です。

 

冬はお便りのハイシーズン!

 そうなんですよ、奥さん。
冬には年賀状を筆頭にお便りを送る機会がたくさんあります。
年賀状、クリスマスカード、お歳暮のお礼状、
寒中お見舞い、年賀状のお礼状などなど。

それぞれ、どのタイミングで出せばいいのか見ていきたいと思います。

 

①年賀状

2017年12月15日から2018年1月7日

郵便代の料金改正により、はがきの郵便料金が52円から62円と
値上がりになりましたが、年賀状に限っては52円で出せます。
ただし、52円で送れる期間というのが決まっているので、
この期間で出した方が断然おトクになるので、早めの準備は必至ですね。
年明けに書く派の人は気をつけてくださいね!

*詳しくはこちらの記事に書いてます。

tabihaga.hatenablog.com

 

②寒中お見舞い

1月10日頃から立春まで(2月4日)

寒中お見舞いに関しては諸説あるのですが、
「松が明けてから」と言われているので、1月10日頃が妥当かなと思います。
松が明けるとは?
お正月の飾りを外したり、鏡開きをしてお正月気分が抜ける、
という認識でOKです。
ちなみに関東では1月7日、関西では1月15日と言われているので、
間をとって10日にしました。

立春二十四節気のひとつで「春が始まるよー」とされている日。
2月4日なんて一番寒い頃じゃないか、とも思うのですが
まあ暦の上はそうゆうことなので、ひとつよろしくお願いします。

③クリスマスカード

12月1日から12月20日まで

クリスマスカードについては、当日届くようにではなく、
クリスマスに向かうワクワク感を演出するという意味でも
クリスマスの1週間から10日前に届くように送るのがよいでしょう。

海外に送る場合には11月の第4木曜日の「感謝祭」が終わってから
送るようにしましょう。

以上を踏まえて考えると12月1日から12月20日の間に送るのがベストです。

 

④年賀状のお礼状

年賀状を受け取ったらいつでも

年賀状はやめます宣言したけど、届いた年賀状に関しては
お礼の手紙を出したい。
寒中お見舞いではなく、あくまでもお礼状として出したい。
という人も増えてきています。
お礼状で返事を書く良い点は「出す時期を気にしなくていい」というところ。
松の内立春を意識しなくても自分のタイミングで出せるので
じっくりゆっくり書きたい人も、ソッコー出したい人にも
嬉しい期間指定なしです。

 

まとめ

いかがでしたか。
はがきで感謝を伝えたり、年始の挨拶をしたりというのは
やっぱり温もりがあっていいなと思います。
寒い季節にポストに届くはがきはより一層心に沁みるものです。
冬のお便りを出すときのお役に立ててもらえると幸いです。
では。