旅するはがき通信

「旅するはがき」では、手軽に書けるお礼状はがき 「39card(サンキューカード」の制作と販売を行っております。 プライベートでもビジネスシーンでも、 旅するはがきの39cardはお礼状を贈りたいすべての方を応援します。

年賀状の返信、どの方法で出しますか?

f:id:tabihaga:20171226152455j:plain

こんにちは、旅するはがきです。
クリスマスも終わり、年末感が一気に加速してきました。

年賀状書き、大掃除にお年玉の準備、仕事納め・・


今日は年賀状の出し方のパターンのお話です。
近頃は年賀状を出す・出さないということも含めて
送り方や返事の仕方も多様になってきました。

これから年賀状を書く方や年賀状を出すかどうか
お悩み中の方も参考にしていただければ幸いです。

年賀状をどんなパターンで出すのかアンケート

1. 普通に年賀状で出す
2. クリスマスカードと兼ねる
3. 寒中見舞いで返信する
4. お礼状で返信する

この中からどのタイプで出しますか?というアンケートを取ったのです。

結果はこちら↓↓

1. 普通に年賀状で出す(81%)
2. クリスマスカードと兼ねる(3%)
3. 寒中見舞いで返信する(9%)
4. お礼状で返信する(7%)

 

圧倒的に「普通に年賀状で出す」という方が多かったです。
特に今年は年賀状の郵便料金が据え置きということもあり
他の方法で出すよりも安いので、ノーマルに
「年賀状で出すよ」という方が今年は増えるのではないでしょうか。

 

 寒中見舞いで返信

自分は年賀状は出さないけど、届いた年賀状に対しては
寒中お見舞いでお返事書く、というケースです。
これは一番に思いつくのは「自分は喪中だけど年賀状が届いた」
というパターン。

喪中はがきを送ったけど、間違えて年賀状を出した人がいたり
亡くなったのが12月下旬で喪中はがきが間に合わなかったり
事情は様々です。
単純に年賀状は出さずに寒中お見舞いを書く、という方もいます。
年末年始が忙しい方はこの方法多いようです。

寒中お見舞いで出す方は期間に注意してくださいね。
1月10日頃から立春(2月4日)までに届くように出しましょう。
そして、忘れてはいけないのが、寒中お見舞いの切手代は62円です!

 

 お礼状で返信

これは届いた年賀状に対して寒中お見舞いではなく
お礼状で「年賀状ありがとう!」を伝えるというパターンです。
実はこれ、時間的にも余裕があってとてもオススメです。
というのも、寒中お見舞いは
立春ごろまでには届くようにだしましょうね〜」という
ルール的なものがあるんです。
でもお礼状ならば期間は関係ないでしょ?

季節の絵柄や相手の趣味に合った絵柄、年賀状の様に
写真入りでもいいですね!

時間を気にせずにゆっくり書くお礼状、はがきや切手を選んだり
結構楽しいものですよ。

 

ありがとうを伝えよう

年賀状や寒中お見舞い、お礼状の書き方をネットで調べると
「マナー、マナー」とやたらとうるさい。
普段手紙を書きなれていない人はそれだけで、面倒になっちゃいますよね。。
マナーなんぞ、正直どうでもいいと思ってます。
大切なのは届いた年賀状に対してのお礼、「ありがとう」を伝えること。
どうやって返信するか、自分に一番合ったスタイルで決めればいいと思います。


年賀状の出し方、これも風物詩のようなものなので
おすすめはもちろん「ノーマルに年賀状を書く」なのですが、
年賀状を出さない人は、SNSも含めて
何らかの形でひと言「ありがとう」は伝えてはいかがでしょうか。
では。